整体師と柔道整復師の違い

整体師と柔道整復師の違い

整体師と柔道整復師は「どちらも体を整え不具合を回復させる、
いわば同じ職種の人」と思っている人が多いようですが、
施術内容においても資格取得方法においても違いがあります。

 

まず施術内容については、
整体師は主に手や肘を使って(施術道具を使用する場合があります)
「骨格や関節の歪みやズレなどを矯正」することで、
本来人間が持っている自然治癒力を高めて不具合を回復させる手技療法を行います。

 

一方柔道整復師の施術は柔整師法によって規定されおり、
「打撲や捻挫、脱臼や骨折などの外傷」を投薬や外科的手段などではなく
応急的・医療補助的方法で回復を図ります。

 

なお、柔道整復師の治療は健康保険や労災保険などの保険を適応して行われますが、
整体師の施術には保険が適応されることはありません。

 

次に資格については、整体師は公的な資格を取得する必要はありません。
(民間資格として、いくつかの整体団体や全国の整体スクールが修了証やディプロマを発行しています)

 

一方「柔道整復師」は国家資格ですから、
まず厚生労働省認可の専門学校か文部科学省認可の大学で
3年以上かけて勉強することが必要です。

 

そこで11科目もの多岐にわたる学習をした後、
柔道整復師国家資格試験を受けます。
それに合格すれば柔道整復師の免許を取得できるのです。

 

なお近年、柔道整復師は整骨院や接骨院だけではなく
医療機関や病院のスポーツトレーナー、
介護施設のケアマネジャーや機能訓練指導員などとして活躍の場が広がっています。

 

 


このページの先頭へ戻る