整体とマッサージの違い

整体とマッサージの違い

整体においてもマッサージにおいても、
体の痛みや不具合を改善するという目的は同じです。

 

しかし、「施術師」「施術方法」「保険適用」には明確な違いがあります。

 

整体院で施術するのは整体師です。
整体師になるためには何の資格も取得する必要がありません。

 

一方「マッサージ師」(正式名称は「あん摩マッサージ指圧師」)は国家資格ですから、
まず厚生労働大臣の認定した養成施設か文部科学大臣の認定した学校で
3年以上かけて知識や技能を修得することが必要です。

 

終了後「あん摩マッサージ指圧師国家試験」を受け、
それに合格すればあん摩マッサージ指圧師の免許を取得できます。

 

整体においては体の痛みや不具合の原因を骨格や関節の歪みやズレだと考え、
その骨格や関節の歪みやズレを主に手技によって本来の状態に回復させることで
体の痛みや不具合を改善します。

 

一方マッサージにおいては体の痛みや不具合の原因を
筋肉が縮んで硬くなったり血流やリンパの流れが悪くなったりしていることにあると考え、
痛みや不具合のある部位をもむ・おす・たたく・さするといった施術をすることによって
血流やリンパの流れを改善し、そのことによって体の不快な症状を取り除きます。

 

なおマッサージのもむ・さするといった施術は、整体においても行われています。
整体テクニックの1つであるマニピュレーションは
筋肉の過緊張を緩めて関節の運動を正常に整える手技ですが、
マッサージとは区別しにくいものです。

 

「保険適用」に関しても違いは次のとおりです。

 

整体はどのような施術であっても保険は適用されず、
当然のことながら全額を自己負担しなければなりません。
しかし国家資格取得者が開院しているマッサージ院では、
医師による定期的な同意と適切な治療目的などの一定の要件を満たせば
健康保険の適用が認められます。

 

 


このページの先頭へ戻る